トラジャルネット

新着情報

news

ホーム > 新着情報 > 仙台市の冬の風物詩「2013SENDAI光のページェント」

仙台市の冬の風物詩「2013SENDAI光のページェント」

2013/12/18
宮城県内では初雪の便りが届くこの季節、12/6(金)より仙台市の冬の風物詩
「2013SENDAI光のページェント」が定禅寺通りを中心に始まりました。
28回目を迎える今年のテーマは「あたたかな光が創りだす『よろこびと感動の
ステージ』」です。メイン会場の定禅寺通りには、160本のケヤキに60万個の
発光ダイオード(LED)がまばゆい光を放っています。
点灯時間は12/30まで午後5半〜11時。大みそかは元日午前0時までとなって
おり、期間中は約300万人の人出が予想されています。

 
震災復興のシンボルともなる2013年最後のビッグイベント。
仙台光のページェントへ是非足をお運びください。
お待ちしております。

※添付写真:
光のベージェント定禅寺通
PAGE TOP