トラジャルネット

新着情報

news

ホーム > 新着情報 > 東日本大震災から2年半。まだまだ必要とされる心身への癒し。リフレクソロジーで復興支援!「第5回 被災地ボランティア活動実施」

東日本大震災から2年半。まだまだ必要とされる心身への癒し。リフレクソロジーで復興支援!「第5回 被災地ボランティア活動実施」

2013/11/06
リフレクソロジストの育成およびリフレクソロジーサロンの運営を手掛ける、日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】(所在地:東京都中野区東中野)は、2011年9月から開始し第5回目を迎えた、東日本大震災被災地(宮城県女川町)での
リフレクソロジーボランティア活動を、2013年10月18日(金)に実施。

【被災地にこそ必要とされる癒し。手を合わせてお礼の言葉をかけて下さる方も・・・】

この活動は、2011年の東日本大震災震災直後に決定され、半年後を目安に2011年9月に第1回目を実施。体だけでなく心の癒しにも役立ち、緩和ケアとして医療施設でも活用されるリフレクソロジーは、被災された方々にこそ必要ではないかとの思いから、現地でリフレクソロジー施術を提供し続けてきました。年2回、学院がチャーターしたバスで、プロの資格を持った
卒業生と学院職員が現地へ赴き、仮設住宅・病院・老人介護施設等で活動し、多くの方々に喜ばれています。
 
【今後も継続されるリフレのボランティア活動】

震災から約2年半が経過し、復興の兆しは見えてきているものの、沿岸部には倒壊した建物が残され、女川町内の多くが
さら地のままです。現在でも、多くの住民の方々が仮設住宅に暮らし、孤立する高齢者の問題も抱えています。リフレクソロジーは、被災された方々に寄り添える心身に優しい技術。まだまだ多くの被災者の方々が必要としてくれるリフレクソロジーを届ける為に、日本リフレクソロジスト養成学院【REFLEリフレ】では、今後も活動を続けていきます。
(次回実施予定2014年春)
 
【高齢化社会に求められるリフレクソロジーを学ぶ!受講生募集中・資料無料送付!】

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLEリフレ】では、確かな技術を学び、直営サロンや一部上場企業提携サロンでの勤務、独立開業等リフレクソロジストとしての転身を目指す方や、家族等の健康維持、介護・看護、ボランティア等での活用目的で技術と知識を学ぶ受講生を募集しています。資料無料送付!お問合せは下記まで。

 
東京校 中野区東中野2-22-23リフレビル  Tel:03-3367-8531
大阪校 大阪市西区江戸堀1-9-6 肥後橋ユニオンビル9F Tel:06-6447-0151
札幌校 札幌市中央区北1条西4丁目2-2 札幌ノースプラザビル6F Tel:011-271-7771
URL:http://www.refle.co.jp
 
※添付写真キャプション  震災が嘘のような青い海を背に手を合わせ感謝される被災者
PAGE TOP